日蓮大聖人 日蓮正宗

日蓮大聖人の教え

釈尊(しゃくそん)は、今から約3000年前、人々を救うため50年間にわたって説法し、その最後の8年間で出世の本懐(目的)である法華経を説かれました。
この法華経の予言どおり、釈尊滅後2000年が経過し、釈尊仏法の功力がなくなる末法(まっぽう)時代に、民衆を救済する仏として出現されたのが、日蓮大聖人です。
日蓮大聖人は、法華経の極理を御本尊(漫荼羅)として顕され、その御本尊に向かって“南無妙法蓮華経”の題目を唱えることにより、いかなる人も仏の境界に至ることができると説かれました。

日蓮正宗 大聖人 ご本尊

信仰の実践

日蓮大聖人は信仰を実践するに当たり、信・行・学という3つの大切な意義を示されました。
① 信 … 御本尊に対する絶対の信仰心
② 行 … 信仰を確立するための修行
③ 学 … 日蓮大聖人の仏法を正しく学ぶこと
このうち「行」には、自ら南無妙法蓮華経の題目を唱えていく等の自行と、他の人々に仏法のすばらしさを伝えていく化他行があります。
個人や家族の幸せはもちろん、社会の浄化などは、正しい御本尊に対する信・行・学の実践によって得られるのです。

日蓮正宗 大聖人 説法

寺院の意義

日蓮正宗には、総本山大石寺のほか海外を含め、全国各地に700を越える寺院等があります。これらの寺院は、いずれも日蓮大聖人の仏法を、その地域において正しく守り伝え、弘めていく大事な意義をもっています。
また寺院は、仏・法・僧の三宝が具わる信仰の道場であり、参詣する人々に真の成仏の道を教え、先祖の追善供養を行なうなどの役割を担っています。
日蓮大聖人の仏法を信仰する人々は、日蓮正宗の寺院に参詣し、正しい教えを聞くとともに自らの信仰を磨いていくことが大切です。

日蓮正宗 大石寺 塔中

日蓮正宗には、日蓮大聖人の仏法を正しく実践するための信徒の集まりとして“法華講”があります。
法華講という名称は、大聖人によって名付けられた由緒あるものです。
日蓮正宗の信徒は、この法華講の一員として、所属する寺院に参詣し、僧侶の法話や講員同志の体験などを通じて自らの信仰を深め、社会に貢献する人材になるよう努めています。